アフタ性口内炎は疲れのサイン?

スポンサードリンク

アフタ性口内炎は疲れのサインって本当?

「あー、またアフタ性口内炎が出来ちゃった。最近疲れてるな…。」

 

と思う人は、多いのではないでしょうか?(管理人がそうでした)

 

確かに、疲れていると「アフタ性口内炎」ができる確率が高くなりますね。

 

では、どんな疲れが、アフタ性口内炎を作ってしまうのでしょうか?

 

疲れの原因を自分なりに分析すると、アフタ性口内炎の予防にもなるかもしれません。

 

今回は、アフタ性口内炎と疲れの関係についてお伝えします。

アフタ性口内炎の原因となる疲れ

アフタ性口内炎の原因となる「疲れ」が起きやすい状況を見ていきましょう。

 

(1)絶対的な栄養不足

 

活動しているのに必要な栄養素が補給されていない場合、身体機能の障害として「アフタ性口内炎」ができます。

 

これは、絶対的な栄養不足ですね。

 

(2)相対的な栄養不足

 

栄養を充分に補給しているつもりでも、現実的には不足しているということがあります。

 

たとえば、タバコやお酒などで栄養の吸収を妨げたり、代謝するためにビタミンなどを消費したりして、相対的に不足してしまう場合アフタ性口内炎ができてしまいます。

 

(3)代謝障害

 

充分に栄養が補給されていても、休養の不足やストレスによって栄養が上手く使われない場合があります。

 

睡眠不足は成長ホルモンの分泌を抑えるので、新しい皮膚や粘膜を作りにくくなり、アフタ性口内炎ができやすくなります。

 

(4)自律神経障害

 

眠る時間や休息する時間が確保されていても、上手く気分転換できなかったり、心配事に捕らわれたりしていると、脳は休息していません。

 

そのため、身体の機能を調整する自律神経が上手く働かず、唾液の分泌が減ったり細菌に感染しやすくなったりして、アフタ性口内炎ができやすくなります。

疲れでアフタ性口内炎ができた時の対処法

疲れでアフタ性口内炎ができた場合、その原因を分析して対処法を考えましょう。

 

(1)絶対的な栄養不足の場合

 

カップ麺やファストフードの食事が続いていませんか?

 

野菜や果物など、ビタミンを多く摂るように心がけましょう。

 

(2)相対的な栄養不足の場合

 

お酒やたばこの量が増えていませんか?

 

それ以外のストレス解消法を考えましょう。

 

(3)代謝障害の場合

 

まずは、十分な睡眠時間を確保するようにしてください。

 

また、ストレスをため込まないよう気分転換やリラクゼーション法を取り入れましょう。

 

(4)自律神経障害

 

軽い運動など、身体を動かすことがストレス解消になります。

 

散歩やスポーツなど、自分に合った運動をして活動と休息のリズムを整えましょう。

 

疲労を感じることは「身体からの警告」ですので、アフタ性口内炎も警告の1つとして賢く対処しましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

痛み
アフタ性口内炎の痛みについてご説明します。アフタ性口内炎の一番の悩みは何と言ってもあの強烈な痛みですからね。
原因
アフタ性口内炎は何が原因で起きるのでしょう?アフタ性口内炎が出来るキッカケや原因について詳しく説明します。
ストレス
アフタ性口内炎はストレスによって出来やすくなることは良く知られていますね。ここではアフタ性口内炎とストレスの関係について書いて行きます。
ウィルス
ウィルスや細菌が原因で起こる口内炎があります。ここではアフタ性口内炎から少し幅を広げてウィルス性口内炎についてご説明します。
タバコ
タバコを吸うと口内炎が良くなりやすいという話がありますが本当でしょうか?ここではタバコと口内炎の関係について書いて行きます。
食べ過ぎ
アフタ性口内炎は食べ過ぎによってできると言われますが本当でしょうか?ここではアフタ性口内炎と食べ過ぎの関係について書いて行きます。
飲酒(アルコール)
アフタ性口内炎は飲酒(アルコール)によってできると言われますが本当でしょうか?ここではアフタ性口内炎と飲酒(アルコール)の関係について書いて行きます。
アフタ性口内炎は口の中の傷が原因と言われますが実際はどうなのでしょうか?ここではアフタ性口内炎と傷の関係について書いて行きます。