アフタ性口内炎にアフタゾロンはどうか?

スポンサードリンク

アフタ性口内炎にアフタゾロンはどうか?

アフタ性口内炎に効くアフタゾロンという薬をご存知でしょうか?

 

アフタゾロンは、ケナログほど有名ではありませんが、歯医者での口内炎治療にはよく使われる代表的な薬です。

 

アフタゾロンは一般名が「デキサメタゾン」と言って、1969年からあゆみ製薬という会社から発売されています。

 

実は、アフタゾロンはケナログとは違って一般には購入ができません。

 

そのため歯医者さんなどで処方してもらう必要があります。

 

アフタゾロンは、ケナログと同じく「副腎資質ステロイド」となります。

 

ここでは、アフタ性口内炎に効果的と言われるアフタゾロンについてご説明します。

アフタ性口内炎に効くアフタゾロンとは、どんな薬?

アフタ性口内炎に効くアフタゾロンとは、どんな薬なのでしょうか?

 

アフタゾロンは、ケナログと同じく塗るタイプのステロイド薬ですので、アフタ性口内炎に直接塗るタイプとなります。

 

塗るということは、飲み薬のように全身に作用はしません。

 

なので、効かせたい部位にだけしっかりと効かせられるので、他の部位に作用が散ることがないのがメリットの一つです。

 

ちなみに、アフタゾロンは、ケナログとは塗りやすさが結構ちがいます。

 

感覚的には、ケナログよりもアフタゾロンの方が「ザラ感」が少なくて塗りやすいです。

 

なので、ケナログが塗りにくくて嫌だ!という方がアフタゾロンを使うことも多いようです。

 

では、アフタゾロンの特徴をカンタンにご説明します。

 

まず、アフタゾロンはステロイド薬ですが、外用ステロイド薬の中では「中位レベル」の強さとなります。

 

ところで、ステロイドって一体なに?と思われるかも知れませんね。

 

ステロイドの主だった働きは、「炎症を抑える」「免疫反応を抑える」「皮膚の細胞増殖を抑える」の3つがあります。

 

アフタゾロンは、「炎症を抑える」という効き目を、主に期待して塗るステロイド薬です。

 

要するに、激痛が走るアフタ性口内炎の炎症を抑えて痛みをやわらげてくれる薬なのです。

 

ステロイドは免疫反応(身体がばい菌などの異物と闘う反応)を抑える事で、塗った部位の炎症反応を抑える作用があります。

 

ステロイドは、抗炎症作用が優れている半面、ずっと使用することで副作用が出る心配があります。

 

弱いステロイドの方が副作用は少ないですが、やはり長期に渡って使用すれば、皮膚の細胞増殖を抑えたり、免疫低下につながります。

 

そのために皮膚が薄くなったり感染しやすくなるという副作用の可能性があります。

 

なので、アフタゾロンもずっと使い続けるのはおススメできません。

 

口の中の皮膚の症状にあわせて、使い方を調整する必要があるのです。

アフタ性口内炎に効くアフタゾロンの効能は?

では、アフタ性口内炎に効くというアフタゾロンの具体的な効能についてご説明します。

 

まずは、抗炎症作用です。

 

皮膚の炎症を抑えてくれる薬が「外用ステロイド剤」ですので、アフタゾロンは、口腔内の炎症を抑えてくれるわけです。

 

あと、歯肉の皮膚に潰瘍やびらんができた場合にも効果を発揮してくれますし、もちろんアフタ性口内炎にも効果を発揮します。

 

ちなみに、アフタゾロンの有効率は、71.8%と報告がされているそうです。

 

ただし、ステロイドは身体が外部からの異物と戦う力である「免疫」を抑制します。

 

そのために、ばい菌などの感染に弱くなりますので、ウイルスや細菌が皮膚感染している場合、塗ることはおススメしません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

うがい
自分でできるアフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の治し方の一番カンタンで手っ取り早い方法はうがいです。
うがい薬
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の治し方の一番カンタンで手っ取り早い方法はうがいです。ここではアフタ性口内炎に良い「うがい薬」のご説明をしましょう。
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎) 治し方について書いて行きます。塩は強力な殺菌効果、抗菌効果があり、昔から伝わる効果的な殺菌方法です。
乾燥
アフタ性口内炎を乾燥させると良いという噂がありますが本当でしょうか?ここではアフタ性口内炎と乾燥の関係について書いて行きます。
焼く
アフタ性口内炎を焼くと良いという噂がありますが本当でしょうか?ここではアフタ性口内炎を焼くことについて詳しくご説明します。
お茶
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎) にはお茶(日本茶)が良い言いますが本当でしょうか?ここではアフタ性口内炎とお茶との関係について書いて行きます。
梅干し
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎) には梅干しが良い言いますが本当でしょうか?ここではアフタ性口内炎と梅干しとの関係について書いて行きます。
ティーツリー
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎) に効くティーツリーをご存知でしょうか?ここではアフタ性口内炎とティーツリーというアロマの関係について書いて行きます。
はちみつ
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方について書いて行きます。はちみつは昔から口内炎の民間治療として活躍しています。殺菌・消毒作用の他、様々な口内炎に良いとされる物質が含まれます。
シール
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なシール薬があります。ここではアフタ性口内炎のシール薬の効果について書いて行きます。
ビタミン剤
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものにビタミン剤があります。ここではアフタ性口内炎に対するビタミン剤の効果について書いて行きます。
ソンバーユ
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものにソンバーユがあります。ここではアフタ性口内炎に対するソンバーユの効果について書いて行きます。
軟膏
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものに軟膏があります。ここではアフタ性口内炎に対する軟膏の効果について書いて行きます。
飲み薬
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものに飲み薬があります。ここではアフタ性口内炎に対する飲み薬の効果について書いて行きます。
漢方
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものの一つに漢方があります。ここではアフタ性口内炎と漢方の効果について書いて行きます。
トローチ
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものの一つにトローチがあります。ここではアフタ性口内炎とトローチの効果について書いて行きます。
アフタッチ
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものの一つにアフタッチという薬があります。ここではアフタ性口内炎とアフタッチの効果について書いて行きます。
ケナログ
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものの一つにケナログという薬があります。ここではアフタ性口内炎に効果的なケナログの使い方について書いて行きます。
デントヘルス
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)にデントヘルスが効果的という話がありますが本当でしょうか?。ここではアフタ性口内炎とデントヘルスについて書いて行きます。
オロナイン
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)にオロナインを塗るという方がいますが、効果はどうなのでしょうか?ここではアフタ性口内炎にオロナインが有効だという噂について書いて行きます。
正露丸
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)に正露丸が良いという話がありますが本当でしょうか?ここではアフタ性口内炎に正露丸が効果的かどうかについて書いていきます。
イソジン
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)にイソジンといううがい薬を使う方法があります。ここではアフタ性口内炎にイソジンをうがい以外で使う方法について書いていきます。