喉にできる口内炎の種類

スポンサードリンク

喉にできる口内炎の種類

喉にできる口内炎の種類についてご説明しましょう。

 

風邪でもないのに「喉が痛いなぁ」と思い、大きく口をあけて鏡でみてみると、喉の奥に口内炎ができていた…という経験はありませんか?

 

その場合、いつものアフタ性口内炎がたまたま喉にできてしまった、というのであればそれほど問題はありません。

 

ところが、喉にできる口内炎にも色々な種類があるのです。

喉にできる口内炎の種類はいろいろ

喉にできる口内炎の種類の中でも、代表的なものをいくつかご紹介しましょう。

 

(1)ヘルペス性口内炎

 

ヘルペス性口内炎は、文字通り「ヘルペスウィルス」に感染しておこります。

 

咽頭に小さな水ぶくれがたくさんできた後に、破れて口内炎になります。

 

大変痛みが強く、唾液をのみ込むのにも苦痛を伴います。

 

発熱することもあります。

 

(2)ヘルパンギーナによる口内炎

 

ヘルパンギーナは、主に夏に発症し幼児に多い病気です。

 

喉の周りに水ぶくれのような水疱が数個〜数十個できて、口内炎になります。

 

39〜40度の高熱が伴います。

 

(3)アレルギー性口内炎

 

食物や薬品、金属などアレルギーをおこす原因物質に触れることによって起こる口内炎です。

 

この場合、アレルギー物質を除けば、口内炎は1週間ほどで治ります。

 

(4)外傷による口内炎

 

魚の骨などのとがったものが喉にあたったり、熱い食べ物でやけどをしたことにより、粘膜が傷つき、細菌感染をおこして口内炎になるものです。

 

一般的なアフタ性口内炎と考えられます。

 

この場合、酷くなければ、口の中を清潔に保っておいて1週間〜10日ほどで治ります。

 

同じ喉にできる口内炎でも、原因によって対応が異なりますので、発熱したり口内炎が長びいたりしている場合は、病院を受診するようにしてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

アフタ性口内炎は上下の唇に出来る場合が良くあります。上唇や下唇にできるアフタ性口内炎について説明します。
頬の内側
アフタ性口内炎は頬の内側に出来る場合が良くあります。頬の内側にできるアフタ性口内炎について説明します。
歯茎
アフタ性口内炎は歯茎に出来る場合が良くあります。アフタ性歯肉炎とも言います。歯茎にできるアフタ性口内炎について説明します。
アフタ性口内炎は舌に出来る場合が良くあります。舌の裏側や側面、先っぽや表面などに出来るアフタ性口内炎について説明します。
舌の下
アフタ性口内炎は舌に出来る場合が良くあります。舌の下側にできるアフタ性口内炎について説明します。
喉(のど)
アフタ性口内炎は喉(のど)に出来る場合もあります。非常に辛い喉のアフタ性口内炎について書いて行きます。