上唇や下唇のアフタ性口内炎

スポンサードリンク

上唇や下唇にできるアフタ性口内炎

上唇や下唇のアフタ性口内炎は、食べ物を食べている時に誤って噛んでしまい、そのまま炎症に発展するケースが多いです。

 

人によって噛みやすい場所は違いますが、なぜか唇でも同じ場所を噛んでしまうことが多いのは、管理人だけでしょうか?(笑)

 

特に、唇の場合は、食べ物を口に入れる時など、どうしてもアフタ性口内炎に当たってしまいますよね。

 

塩気の多い食べ物や、酸っぱい食べ物、香辛料が多い食べ物なんかは、思いっ切りシミるので食べるのが辛いです。

 

温度が高めのスープや麺類なども、同じですね。

 

唇のアフタ性口内炎の患部にあたって激しい痛みを伴います。

 

上唇や下唇のアフタ性口内炎は、食べる時には、一番ダイレクトにそれも最初に当たる部位でもあります。

上唇や下唇のアフタ性口内炎は連なりやすい

上唇や下唇のアフタ性口内炎は、患部や患部付近をもう一度噛んでしまい、2つ、3つと連なってできることが良くあります。

 

1つでもあんなに痛いアフタ性口内炎が、いくつも唇に連なるなんて考えただけでもゾッとしますね。

 

今までに管理人が経験した最高は、7つのアフタ性口内炎が全部つながって、唇の内側に一文字の状態になったというケースです。

 

その時は、あまりの痛さに、毎日が憂鬱で仕事も手につかず、会話すらままならない感じでした。

 

唇に一文字に連なったアフタ性口内炎ですからね。想像してみてください。

 

口を閉じても痛いし、かと言って開けていても痛い。

 

おまけに、リンパ腺の腫れによる高熱まで発症してしまい、いっぺんに何重苦という状態でした。

 

そもそもの原因は、一つ目の下唇のアフタ性口内炎を「ガリッ」と噛んでしまったのが始まりです。

 

そこから、癖になったのか、ちょっとの間をおいて下唇を「ガリッ」、忘れたころにまた「ガリッ」・・・噛むたびに激しい痛みを伴い、さらに自己嫌悪に陥ってしまう状態でした。

 

何度も何度も、唇の同じところを噛んでしまうのは自分が原因とは言え、もう憂鬱としか言いようがありませんでしたね。

 

上唇や下唇にアフタ性口内炎が出来てしまった場合は、再度噛んでしまわないように、細心の注意を払いたいものです。

上唇や下唇のアフタ性口内炎は乾燥でもできる?

上唇や下唇のアフタ性口内炎は、唇の乾燥によってできるケースもあります。

 

特に多いのは、冬の乾燥する時期ですよね。

 

管理人も、よく唇がパリパリに乾燥した後に、アフタ性口内炎が出来ていました。

 

多くの方に見られる傾向だと思いますが、冬は上唇も下唇もとても渇きやすい状態になります。

 

唇が渇いている状態って、粘膜に潤いがないわけですから、当然のようにひび割れやすかったり、傷つきやすかったり、皮膚がくっついて剥けたりすることもあります。

 

そうすると、それらの要因によって粘膜が傷つけられ、アフタ性口内炎ができやすくなってしまうのです。

 

「乾燥=唾液の不足」ともなりますので、それによって雑菌の繁殖率も上がってしまいます。

 

対策としては、ふだんの口内炎予防を行うのと同時に、リップクリームやはちみつなどを塗って、粘膜を保護すると良いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

頬の内側
アフタ性口内炎は頬の内側に出来る場合が良くあります。頬の内側にできるアフタ性口内炎について説明します。
歯茎
アフタ性口内炎は歯茎に出来る場合が良くあります。アフタ性歯肉炎とも言います。歯茎にできるアフタ性口内炎について説明します。
アフタ性口内炎は舌に出来る場合が良くあります。舌の裏側や側面、先っぽや表面などに出来るアフタ性口内炎について説明します。
舌の下
アフタ性口内炎は舌に出来る場合が良くあります。舌の下側にできるアフタ性口内炎について説明します。
喉(のど)
アフタ性口内炎は喉(のど)に出来る場合もあります。非常に辛い喉のアフタ性口内炎について書いて行きます。
喉 種類
アフタ性口内炎は喉(のど)に出来る場合もあります。非常に辛い喉のアフタ性口内炎の続編について書いて行きます。