アフタ性口内炎に良い食べ物は「果物」って本当?

スポンサードリンク

アフタ性口内炎に良い食べ物は「果物」って本当?

アフタ性口内炎と言えば、真っ先に頭に浮かぶのが「ビタミン不足」です。

 

そして、一般的にやはり、ビタミン=果物というイメージが強いでしょう。

 

以前に聞いた話ですが、管理人の友達が母親から言われたといって、みかんの汁がアフタ性口内炎にあえてかかるようにし、痛みにたえながら果肉を食べていました。

 

「患部に強烈な刺激を与えるその食べ方はどうなのだろうか?」

 

とは思いましたが、アフタ性口内炎の時に「ビタミン」を摂るのは良いことです。

 

アフタ性口内炎は、主に「ビタミンB2」が不足すると発症すると言われています。

 

ところが、実際のところは、果物で「ビタミンB2」を含むものは少なく、果物といえばやはり「ビタミンC」を多く含むものなのです。

 

しかし、その反面、ビタミンCにも口の中の炎症や傷を治りやすくしたり、身体全体の免疫力を向上させる力があります。

 

ですから、アフタ性口内炎にとっても、みかんやレモンなどの果物を摂ることは、良いことだと言えるでしょう。

 

もちろん、それだけではなく、「ビタミンB群」を多く含むレバーや、納豆などの「大豆製品」、牛乳やチーズなどの乳製品なども一緒にバランス良く摂ると良いです。

 

そこで、ビタミンがバランス良くとれて、かつ「アフタ性口内炎」の時でも摂取しやすいレシピを探してみましたので、ご紹介します。

アフタ性口内炎に良い食べ物「果物」を効果的に摂れるレシピ

アフタ性口内炎に効果的な「果物とヨーグルトのスムージー」

 

<材料>

 

  • リンゴ・・・・・・・(1コ)
  • キウイ・・・・・・(1コ)
  • ヨーグルト・・・(130g)
  • ハチミツ・・・・(大さじ1)
  • レモン果汁・・(小さじ1)

 

(1)まず最初に、それぞれの果物の皮をむき、適当な大きさに「ざく切り」します。

 

(2)ミキサーにざく切りにした果物とヨーグルト、ハチミツ、レモン果汁を入れて撹拌すれば完成です。

 

ものすご〜くカンタンでしょ?

 

この時、氷を入れるとより美味しいとは思いますが、アフタ性口内炎には冷たすぎるものも刺激となりますので、ほどほどにしておいてください。

 

また、スムージーにすることで、果物に含まれる「生きた酵素」も一緒に摂れますから、身体の「代謝・消化・吸収」を助けてくれて「一石二鳥」の方法と言えるでしょう。

 

特に、慢性的にアフタ性口内炎ができるという方は、是非お試しくださいね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

栄養素
アフタ性口内炎に良い食べ物を探す方は多いです。アフタ性口内炎を緩和するのに効果的な食べ物を栄養という観点から書いて行きます。
野菜
アフタ性口内炎に良い食べ物が野菜という方は多いですが本当でしょうか?ここではアフタ性口内炎と野菜の関係について書いて行きます。