アフタ性(潰瘍性)口内炎は焼くと良いの?

スポンサードリンク

アフタ性口内炎は焼くと治るの?

焼く?口の中のアフタ性口内炎を?・・・これは考えただけでも痛そうですね。

 

実は、患部を焼いて治すというのは、古くからある治療法です。

 

現代では外科手術の際に、組織を焼き切ったり止血をしたりする目的で、電気メスが使われます。

 

アフタ性口内炎を焼く治療には、レーザーが使われます。

 

今回は、アフタ性口内炎を焼く治療法についてお伝えします。

アフタ性口内炎を焼く治療法について

アフタ性口内炎の治療法としては、硝酸銀(しょうさんぎん)で焼く方法があります。

 

強い消毒効果があり、治癒が早いことは多くの人が認めるところですが、強い痛みを伴うことが難点です。

 

また、硝酸銀には毒性があるために、この治療法を行う歯科や口腔外科は少なくなっています。

 

逆に増えて来ているのは、レーザーによる治療法です。

 

歯科や口腔外科では、虫歯や歯周病の治療にレーザーを使っていて、アフタ性口内炎の治療にも有効です。

 

歯科・口腔外科で使われるレーザーは、赤外線レーザーか、炭酸ガスレーザーです。

 

どちらも深部組織を傷つける危険性は少なく、副作用も無いために子供や妊娠している女性にも安心です。

 

レーザー治療の効能は、レーザーを当てたアフタ性口内炎の患部が熱せられて、殺菌されることです。

 

硝酸銀での治療と違って、痛いという声はあまり聞かれません。

 

むしろ、治療前にはアフタ性口内炎の痛みで食事もできなかったのに、治療後には痛みが消えて楽に食べられたという声もあります。

 

また、通常だとアフタ性口内炎が治るのには、1週間から10日程度かかりますが、レーザー治療後には2〜3日で治るとされています。

 

炭酸レーザーは、歯科、口腔外科の治療だけでなく、ほくろ・タコ・ウオノメなどの皮膚の治療にも使われます。

 

このように、アフタ性口内炎に有効なレーザー治療ですが、公的医療保険の適応外なので治療費は高くなります。

 

クリニックや病院によりますが、550円〜3000円程度と幅があります。

 

アフタ性口内炎をレーザーで焼く治療法は、安全性が高く副作用も無いということで安心ですね。

 

ただし、治療費には幅があり、レーザー治療装置の無いクリニックや病院もありますので、事前に問い合わせることをおすすめします。

アフタ性口内炎と2種類の唾液との関係

ところで、唾液には2種類あるのをご存じですか?

 

サラサラの唾液は漿液性(しょうえきせい)唾液といい、副交感神経が働いているときに出ます。

 

一方、ネバネバの唾液は粘液性(ねんえきせい)唾液といい、交感神経が働いている時に出ます。

 

ストレスがあるときや緊張しているときに、口の中がネバネバになるのはそのためです。

 

1日に出る唾液の量は約1000mlで、多くがサラサラの漿液性唾液です。

 

睡眠不足やストレスでネバネバ唾液が分泌して、しかも量が少ないとなれば、口の中の環境が悪くなります。

 

その結果、アフタ性口内炎ができやすくなるのも納得ですね。

 

アフタ性口内炎の治療や予防には、サラサラ唾液が大切です。

 

しっかり栄養と休息をとってストレス軽減して、サラサラ唾液の分泌を促しましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

うがい
自分でできるアフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の治し方の一番カンタンで手っ取り早い方法はうがいです。
うがい薬
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の治し方の一番カンタンで手っ取り早い方法はうがいです。ここではアフタ性口内炎に良い「うがい薬」のご説明をしましょう。
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎) 治し方について書いて行きます。塩は強力な殺菌効果、抗菌効果があり、昔から伝わる効果的な殺菌方法です。
乾燥
アフタ性口内炎を乾燥させると良いという噂がありますが本当でしょうか?ここではアフタ性口内炎と乾燥の関係について書いて行きます。
お茶
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎) にはお茶(日本茶)が良い言いますが本当でしょうか?ここではアフタ性口内炎とお茶との関係について書いて行きます。
梅干し
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎) には梅干しが良い言いますが本当でしょうか?ここではアフタ性口内炎と梅干しとの関係について書いて行きます。
ティーツリー
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎) に効くティーツリーをご存知でしょうか?ここではアフタ性口内炎とティーツリーというアロマの関係について書いて行きます。
はちみつ
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方について書いて行きます。はちみつは昔から口内炎の民間治療として活躍しています。殺菌・消毒作用の他、様々な口内炎に良いとされる物質が含まれます。
シール
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なシール薬があります。ここではアフタ性口内炎のシール薬の効果について書いて行きます。
ビタミン剤
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものにビタミン剤があります。ここではアフタ性口内炎に対するビタミン剤の効果について書いて行きます。
ソンバーユ
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものにソンバーユがあります。ここではアフタ性口内炎に対するソンバーユの効果について書いて行きます。
軟膏
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものに軟膏があります。ここではアフタ性口内炎に対する軟膏の効果について書いて行きます。
飲み薬
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものに飲み薬があります。ここではアフタ性口内炎に対する飲み薬の効果について書いて行きます。
漢方
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものの一つに漢方があります。ここではアフタ性口内炎と漢方の効果について書いて行きます。
トローチ
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものの一つにトローチがあります。ここではアフタ性口内炎とトローチの効果について書いて行きます。
アフタッチ
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものの一つにアフタッチという薬があります。ここではアフタ性口内炎とアフタッチの効果について書いて行きます。
ケナログ
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものの一つにケナログという薬があります。ここではアフタ性口内炎に効果的なケナログの使い方について書いて行きます。
アフタゾロン
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものの一つにアフタゾロンという薬があります。ここではアフタ性口内炎に効果的なアフタゾロンについて書いて行きます。
デントヘルス
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)にデントヘルスが効果的という話がありますが本当でしょうか?。ここではアフタ性口内炎とデントヘルスについて書いて行きます。
オロナイン
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)にオロナインを塗るという方がいますが、効果はどうなのでしょうか?ここではアフタ性口内炎にオロナインが有効だという噂について書いて行きます。
正露丸
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)に正露丸が良いという話がありますが本当でしょうか?ここではアフタ性口内炎に正露丸が効果的かどうかについて書いていきます。
イソジン
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)にイソジンといううがい薬を使う方法があります。ここではアフタ性口内炎にイソジンをうがい以外で使う方法について書いていきます。