口内炎にイソジンはどうか?

スポンサードリンク

口内炎にイソジンはどうか?ということについて

アフタ性口内炎に、イソジンといううがい薬を使ってうがいをするというのは一般的ですね。

 

昔から、うがい薬と言えばイソジンと言われるくらい、とても有名です。

 

イソジンのことは別ページにも書いていますが、ポピドンヨードが配合された口腔内の殺菌・消毒のためのうがい薬です。

 

アフタ性口内炎になった時、口の中を清潔に保つことはとても大切なことですので、うがいという用途で使っている方は多いと思います。

 

ところが、イソジンはアフタ性口内炎に対して、別の使い道があるのです。

 

ここでは、アフタ性口内炎に対して、イソジンをうがい以外で使う方法についてご説明します。

口内炎に対してイソジンをフル活用する方法とは?

アフタ性口内炎は、とにかく痛いですよね。

 

最初はちょっとした傷口だったものが、雑菌やウイルス、ストレスや不摂生などによって、あの白いクレーター状のアフタが出来上がってしまいます。

 

食べ物が当たると激痛が走るので、食事もろくに摂れなくなりますし、しゃべるのがツラいことだってあります。

 

そこで前述したイソジンをうがい薬として使う方法が一般的なわけですが、今回ご紹介する方法はちがいます。

 

ただし、この方法は民間療法ですので、その点はご了承いただきたいと思います。

 

では、イソジンのうがい薬をどのように使うのかというと、ズバリ!

 

アフタ性口内炎に直接「塗る」のです!

 

塩を塗り込むという話の時も、えー!痛すぎる〜!!という感じでしたが、管理人がやった経験だと、塩ほど痛くはないという感じです。、

 

そして、塩と同じく激痛のあとには、早く治ります。

 

アフタ性口内炎って、特に痛みのある「期間」が苦しいものですよね。

 

なので、一瞬の激痛に耐えた後、ラクになれる日が早まるなら試す価値はあるかも知れません。

 

ただし、イソジンを原液のまま塗るのはおやめ下さい。

 

もともとイソジンはアフタ性口内炎の薬というわけではなく、うがい薬です。

 

なので、原液をそのまま口の中に入れるのは正しい使用法ではないからです。

 

まあ、イソジンの説明書を読んでみても、原液で使用するとはいませんからね。

 

使用上の注意はよく読みましょう。

 

また、イソジンはアレルギーの方もいるので、稀にですがアナフィラキシーショックを起こす可能性もありますので、その点は絶対に注意してください。

口内炎にイソジンを使う具体例

アフタ性口内炎に使うイソジンは、必ず20〜30倍に薄めることをオススメします。

 

これは、ふつうにイソジンが使える人であっても、あまりの痛みに耐えられないと思うからです。

 

一回に使うイソジン原液の液体量は数ミリリットルくらいですので、薄めても50〜60ミリリットルくらいです。

 

それくらい少ない量でも十分効果がありますよ。

 

もちろん、イソジンはケナログなどのようにステロイド系の専用薬ではありません。

 

あくまでも、アフタ性口内炎の患部にいるバイ菌やウイルスを殺菌することが目的です。

 

なので、アフタが小さいうちは効果が高くてすぐに治りますが、大きくなり過ぎると、痛みのリスクの方が大きいように思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

うがい
自分でできるアフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の治し方の一番カンタンで手っ取り早い方法はうがいです。
うがい薬
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の治し方の一番カンタンで手っ取り早い方法はうがいです。ここではアフタ性口内炎に良い「うがい薬」のご説明をしましょう。
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎) 治し方について書いて行きます。塩は強力な殺菌効果、抗菌効果があり、昔から伝わる効果的な殺菌方法です。
乾燥
アフタ性口内炎を乾燥させると良いという噂がありますが本当でしょうか?ここではアフタ性口内炎と乾燥の関係について書いて行きます。
焼く
アフタ性口内炎を焼くと良いという噂がありますが本当でしょうか?ここではアフタ性口内炎を焼くことについて詳しくご説明します。
お茶
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎) にはお茶(日本茶)が良い言いますが本当でしょうか?ここではアフタ性口内炎とお茶との関係について書いて行きます。
梅干し
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎) には梅干しが良い言いますが本当でしょうか?ここではアフタ性口内炎と梅干しとの関係について書いて行きます。
ティーツリー
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎) に効くティーツリーをご存知でしょうか?ここではアフタ性口内炎とティーツリーというアロマの関係について書いて行きます。
はちみつ
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方について書いて行きます。はちみつは昔から口内炎の民間治療として活躍しています。殺菌・消毒作用の他、様々な口内炎に良いとされる物質が含まれます。
シール
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なシール薬があります。ここではアフタ性口内炎のシール薬の効果について書いて行きます。
ビタミン剤
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものにビタミン剤があります。ここではアフタ性口内炎に対するビタミン剤の効果について書いて行きます。
ソンバーユ
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものにソンバーユがあります。ここではアフタ性口内炎に対するソンバーユの効果について書いて行きます。
軟膏
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものに軟膏があります。ここではアフタ性口内炎に対する軟膏の効果について書いて行きます。
飲み薬
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものに飲み薬があります。ここではアフタ性口内炎に対する飲み薬の効果について書いて行きます。
漢方
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものの一つに漢方があります。ここではアフタ性口内炎と漢方の効果について書いて行きます。
トローチ
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものの一つにトローチがあります。ここではアフタ性口内炎とトローチの効果について書いて行きます。
アフタッチ
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものの一つにアフタッチという薬があります。ここではアフタ性口内炎とアフタッチの効果について書いて行きます。
ケナログ
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものの一つにケナログという薬があります。ここではアフタ性口内炎に効果的なケナログの使い方について書いて行きます。
アフタゾロン
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の 治し方に有効なものの一つにアフタゾロンという薬があります。ここではアフタ性口内炎に効果的なアフタゾロンについて書いて行きます。
デントヘルス
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)にデントヘルスが効果的という話がありますが本当でしょうか?。ここではアフタ性口内炎とデントヘルスについて書いて行きます。
オロナイン
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)にオロナインを塗るという方がいますが、効果はどうなのでしょうか?ここではアフタ性口内炎にオロナインが有効だという噂について書いて行きます。
正露丸
アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)に正露丸が良いという話がありますが本当でしょうか?ここではアフタ性口内炎に正露丸が効果的かどうかについて書いていきます。